​ 「感情を宝物へ。」

想いを紡ぐこと

時を経て重なること

それはきっと幸せを繋ぐこと

​愛情の再確認を写真で